イオンフィナンシャルサービスなどがマレーシアのデジタルバンキング事業に参入–ZDNetJapan

イオンフィナンシャルサービスとその子会社であるイオンクレジットサービスベルハッドは、マレーシア財務省からデジタル銀行免許を取得しました。 このライセンスはマレーシアで最初のものと言われています。

このライセンスの取得により、両社はマレーシアでデジタルバンキング事業を開始し、顧客の個々のニーズに応じて、預金、保険、少額ローンなどの金融商品やサービスを提供する準備が整いました。

技術面では、アメリカのフィンテックマネーライオンと協力します。 人工知能(AI)を使用した分析などのテクノロジーを紹介し、家計の予算管理や収入と支出の計画を改善するためのサポートなどのデータ分析を通じて、顧客に合わせた洞察を提供します。

今後も、お客さまの収入やライフステージの変化により金融ニーズが変化しても、引き続き金融サービスを受けられるように金融商品・サービスを拡大していきます。これまで金融サービスを受けていない方も含め、幅広い方にご利用いただける環境を提供していきます。

また、イオングループの各企業と連携し、お客様のニーズに合った商品をお勧めしたり、マレーシアで人気のあるイスラム金融システムを採用したり、マレーシアに根ざした商品やサービスを提供していきます。 イスラム金融は、イスラムの「シャリーア」法に基づく金融取引の総称であり、非イスラム教徒でも取引を行うことができます。

イオンクレジットサービスベルハッドは1996年にマレーシアで設立され、2007年にマレーシア証券取引所に上場しました。約240万人のクレジットカード会員とクレジットカード会員の顧客基盤を持ち、銀行以外の大手企業の1つと言われています。マレーシアで。 近年では、アプリケーションとイオンの小売事業や共有ポイントとの連携など、小売と金融の相互作用を実証しています。

マレーシアでは、中産階級の拡大が見込まれており、銀行のないグループと銀行のないグループ(既存の金融サービスを十分に受けていないグループ)に金融サービスを提供する必要があります。これは「金融包摂」として知られています。

ZDNet Japanのすべての記事を毎朝メールで読む(無料登録)

Leave a Reply

Your email address will not be published.